有料老人ホームの体験談を書いてみましょう

私の祖父は母方も父方も有料老人ホームにお世話になっているので、色々な体験談があります。
まず、定期的に会いに行っていたのですが、そこで気が付いたのが、イベントやレクリエーションなどを頻繁に行っていることですね。
お散歩をしたりするのはもちろん、畑を耕したり、運動をしたりなどして、その模様を写真に撮って通路に貼ったりしています。
お年よりは、骨や筋肉などが衰えやすくなりますし、時間をもてあますと退屈したり、脳が活発に働かなくなるでしょうから、それらのイベントをすることによって、元気な状態を保っているのでしょう。
人から聞いたところによると、レクリエーションなどをする場合、オプションで料金を取られる有料老人ホームもあるようですが、私の祖父が入っているところは、そのようなことは無いと、両親が言っていましたね。
他に体験したことは、そのようなレクリエーションを見たとかではなく、実際に入居しているお年寄り達とお話をしたことですね。
有料老人ホームは比較的若くて元気な人でも入居できるためか、しっかりと仕事をしながら入っている人がいて、その人の若さの秘訣を聞いたり、戦時中のお話など、私の知らない時代をリアルタイムで経験したお話をありがたく聞くことが出来るなど、貴重な経験をしましたね。
それもこれも、元気な方々の多い有料老人ホームだからこそ、出来た事でしょうね。
職員さん達の対応も良く、ホームの愚痴を聞くことはほとんどありませんでした。